借金返済の口約束はどうする?

友人にお金を貸したけれども、返してもらえない。
口約束だけで貸したので、証拠がない。
このような悩みをお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

個人間のお金の貸し借りには、口約束で済ませてしまうことも多いでしょう。
借金の契約は、たとえ口約束であっても有効に成立します。
しかし、契約書や借用書のない借金の場合には、裁判で立証することが困難です。

裁判にまで発展することを考えた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。
まずは、これまでの交渉経緯をこまめに記録しておくことです。
通話時の会話を録音したり、メールでのやり取りを保存しておくようにしましょう。

これまでにいくらかでも返済が行われたのであれば、それは借金が確かに存在しているという証拠にもなります。
銀行での振込記録や領収書の控えなども、必ず保管しておくようにしましょう。

後はしつこく督促を続けることです。
口頭だけでなく文書などでも、相手が根を挙げるまで督促を続けましょう。
文書は、配達証明付きの内容証明で送付するようにすると、裁判でも有力な証拠となります。

返済を履行させるには、相手側の周囲を巻き込む作戦も有効かもしれません。
相手側の親族に正直に話しを伝えて、協力を仰ぐことも一つの方法でしょう。
一方、警察に相談しても対して役には立ってくれないかもしれません。
個人間の借金問題は、民事事件ですので、そもそも警察が介入することができないのです。
やはり、最終的には裁判に訴えるということになるのではないでしょうか。